岡山県青年司法書士協議会のブログ

岡山県青年司法書士協議会の日々の活動記録を公開しています

R3.4.17(土) 創立50周年記念式典・シンポジウム

 去る4月17日(土)、サンピーチOKAYAMAのピーチホールにて、下記のとおり創立50周年記念式典・シンポジウムを開催いたしました。

  今もなお新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中で、本式典への参加について悩まれた方が多くいらっしゃったと存じますが、そのような中でご参加くださった皆様、ご参加は難しかったとしても気にかけてくださった皆様、心より御礼申し上げます。 

f:id:oka-seishikyo:20210602125543j:plain

(会場の様子)

 岡山青司協は昭和45年に創立され、令和2年度に50周年を迎えました。当初の予定では令和2年11月に湯原温泉で記念式典・祝賀会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日程の延期、会場変更、そして祝賀会の断念を経て、感染防止対策を徹底したうえでの開催を目指して準備を進めてきました。そして、当会において策定した「創立50周年記念式典の開催に関するガイドライン」に基づき、開催前日までに中止の基準を満たしませんでしたので、無事に開催の運びとなりました。

 

                次 第

(1)開会の辞

(2)会長挨拶

(3)来賓祝辞

(4)シンポジウム『岡山青司協の これまで と これから』

   第1部「これまでの岡山青司協」

    歴代会長によるパネルディスカッション

   第2部「これからの岡山青司協」

    ワールドカフェ形式による意見交換

(5)閉会の辞

(6)記念撮影

 

 第1部 これまでの青司協(歴代会長によるパネルディスカッション)

パネリスト:國貞繁樹 氏、人見一 氏、中桐達雄 氏、佐藤順一 氏、岩田豪 氏

コーディネーター:赤木智江 氏

f:id:oka-seishikyo:20210602125605j:plain

 第1部は、歴代会長5名のパネリストの皆様に、コーディネーターの赤木さんより主に4つのテーマの質問をして、会長を務めていた頃の活動の内容や当時の想いについてのお話や、全青司や本会との関わりという視点で考える岡山青司協の意義や独自性などについてのご意見等を窺うというものでした。質問の内容は、①自己紹介・会長を務めた頃の時代背景や青年会活動で印象に残っていること、②全青司との関わりについて、③本会との関わり・住み分けについて、④これからの岡山青司協に期待することです。

 パネリストの先生方が取り組んでこられた活動、例えば市民法律教室、大阪全国研修会での分科会参加、登記簿謄本証明手数料値上げ反対運動、全青司全国大会、高金利引き下げ運動、憲法をテーマにした中ブロ研修会、45周年記念冊子編集、反貧困キャラバンやホームレス支援、コロナ相談会、東京レインボープライドへの参加など(これはごく一部です)内容は多岐にわたりますが、当時の時代背景の中で、青司協として市民に対してできることは何かを真剣に考えたうえで様々な社会活動に積極的に取り組んでこられたのだという、活動をするに至るまでの経緯や想い、その経験を通して考える岡山青司協の意義等についての意見を聞くことができたことは、現在進行形で役員である立場で視野が狭くなっている自分にとって、とても大きな収穫でした。

 先輩方の活動に共通していることは、代書屋と依頼者から言われていたときからのメイン業務である登記業務とは別の活動に、まだ司法書士の認知度が低く、簡裁代理権もない頃からでも積極的に取り組んできたという点であると思います。すぐに仕事にならなくても、すぐに答えがでないようなことでも、社会に還元するため、市民のニーズに答え、困っている人を助けるため、さらには法制度をよりよくしていくために必要だと思うことに取り組んでいく、そのような姿勢があったのだと感じました。

 個人的に強く印象に残ったのは、人見先生の「やろうと思えばいくらでもできる。するかしないかの問題と思う。やるとなれば皆がサポートしてくれる。」という言葉や、中桐先生の「青年会は先々のことを考えるのではなく、人を助ける、目の前の人のために何ができるかを突き詰めてやっていって、突き抜けていったときに、やってよかったなという満足感や、社会的な成果が得られるのではと思っている。」「概念だけの戦いをやっても意味がなくて、具体的なイメージをもって議論することが大事。」という言葉で、自分自身が思い切った活動やそれに伴う議論を避けているなと感じていましたので、今の自分に刺さりました。

 また、父 國貞繁樹の、司法書士がほとんど対外的な活動をしていなかったという中で取り組んだ市民法律教室が今の岡大やロースクールでの授業につながっているので嬉しく思う、という話は、思い切って活動することが青年会の強みであって、それが当時夢だと言っていた成果にまでつながることもあるのだと思いました。

 また、佐藤先生が全青司の部員として各地で講師活動をされてきた中で、他会と比較して見る岡山青司協の特色についてのお話は、中にいると見えないことであり、他会では少人数で全国大会等を準備しているところもあって、岡山は人材に恵まれているということは発見でした。

 そして、岩田前会長は新型コロナウイルスの影響を受けている中でも、持ち前の柔軟さで完全オンラインでの中ブロ研修会及び総会の開催をすることができたことや、コロナ相談会に毎回参加されてきたということで、未だ続くコロナ禍で、今後もその姿勢を引き継いでいかなければと改めて思いました。

 

 第2部 これからの岡山青司協(ワールドカフェ形式による意見交換)

f:id:oka-seishikyo:20210602125641j:plain

 第2部では、まず各テーブルでテーマについて意見を交換し(第1ラウンド)、その後、各グループに1名いるホスト(実行委員)を除いた者が「旅人」として別のテーブルへ移動してそこで第1ラウンドのテーブルで出た意見を共有し合った後(第2ラウンド)、また元のテーブルに戻って旅人が第2ラウンドで聞いた意見の中で、元のテーブルでまだ出ていなかった意見を共有する(第3ラウンド)という流れで行われるワールドカフェ形式での意見交換がされました。テーマは、「司法書士が目指すもの」と「岡山青司協が目指すもの」です。

 まずは、ワールドカフェ形式についてですが、この形式での意見交換は初体験だったのですが、他のテーブルの意見をまんべんなく短時間で共有できたので、このワールドカフェ形式はとても画期的だと思いました。

 そして、意見交換の内容についてですが、やはり人が集まり話し合うことで自分の考えていなかった意見が沢山出てくるものだなと思いました。出た意見をほんの一部ですがご紹介させていただきます。

 ①「司法書士が目指すもの」(「岡山青司協が目指すもの」と共通するもの有)

  ・市民としての身近な法律家、相談相手

  ・市民の役に立つ、任された仕事をしっかりこなす

  ・認知度をあげる

  ・他士業との交流・協調

  ・法手続きの専門家として法的紛争予防をする

  ・人権擁護                       など

 ②「岡山青司協が目指すもの」

  ・問題提起

  ・考える前に思い切って活動すること

  ・フットワーク軽く時代に応じた内容、市民が必要とする活動

  ・自分自身のできないことを知ること、多くの仲間づくり

  ・現時点で業務(仕事)につながらないことでも興味をもったことに取り組む

   ことができる環境づくり                など

  終わりに、全体を通しての感想ですが、このような状況の中で、準備を一生懸命にしてくださった実行委員の皆様、そしてご参加くださった皆様のおかげで、本当に良い式典・シンポジウムになったと思います。第1部でパネリストの皆様が熱く語ってくださったおかげで、第2部の活発な意見交換につながったのではと思います。私自身、周年行事に参加するのは初めてで、どのようなものか分からない状態でしたし、コロナ禍での開催ということでどんな雰囲気になるのだろうと不安もありましたが、終始活発で、和やかな雰囲気であったと思います。そして、皆で集まって色んな方の意見を聞き、その上で自分の意見を考え、共有していくことが、組織でエネルギーをもって活動するためにはとても大事なことであると感じました。

 最後に、実行委員の皆様、パネリストの皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。そして改めてご参加くださった皆様や気にかけて声をかけてくださった皆様も本当にありがとうございました。

 今後とも岡山青司協をよろしくお願い申し上げます。                                                    

                            (会長 國貞智子)

f:id:oka-seishikyo:20210601182904p:plain

(集合写真)

 

令和3年1月10日(日)セミナー及び専門職による無料相談会 in 岡山県立図書館

令和3年1月10日(日)、岡山県立図書館にて、セミナーと無料相談会を開催しました。

f:id:oka-seishikyo:20210126224709j:plain

f:id:oka-seishikyo:20210126224633j:plain


セミナー及び相談会は、例年開催させていただいていますが、今回は、岡山地方法務局様とも共催させていただき、セミナーでは、岡山地方法務局の遺言書保管官に、自筆証書遺言書保管制度についてお話いただきました。

 

自筆証書遺言書保管制度は、その名のとおり、自筆で作成した遺言書を法務局に保管することができるというもので、令和2年7月10日から開始されました。

この制度を利用することで、遺言書の紛失や改ざんを防ぐことができるほか、遺言者の死亡後、裁判所の検認手続きする必要がなくなる、というメリットがあります。

詳しくは法務省のHPをご覧ください。また、制度の利用をご検討の方は、お近くの司法書士や法務局へご相談ください。

法務省:法務局における自筆証書遺言書保管制度について

 

セミナー後の無料相談会では、司法書士、税理士、土地家屋調査士、法務局の職員が相談員として、市民の皆様のご相談をお聞きしました。

 

ご相談いただいた内容は、登記のこと、相続や遺言のこと、後見、境界問題、税金などさまざまです。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況で、本相談会も中止の可能性がありましたが、開催させていただきました結果、十数件のご相談がありましたので、お困りごとを抱えている市民の皆様が多くおられることを改めて感じました。

コロナの感染拡大防止にはもちろん配慮しなければなりませんが、身近な法律家として市民の皆様に寄り添うべく岡山県青年司法書士協議会では、随時相談会を開催させていただきます。

 

ところで、岡山県立図書館の蔵書数はとても豊富で、書店に置いていない本もありますので、まずは自分で調べてみるというときにもすごく便利ですよ!私もよく利用しています。

 

令和2年2月29日(土)定時総会が開催されました

2月29日(土)16時15分より、平成31年(令和元年)度定時総会が開催されました。

 

なお、例年の定時総会前研修については、新型ウイルスの感染拡大の状況に考慮して、残念ながら中止となっています。

 

総会にて、「あおでん」廃止の報告がされました。

当会では、平成17年より司法書士による無料電話相談「当番司法書士」を開始し、平成29年3月31日には「あおでん-あんしん岡山青年司法書士ダイヤル-」へリニューアルし、運営して参りました。

しかし、今般、令和2年3月31日をもって「あおでん」が利用していた電話転送サービスが廃止されることとなり、「あおでん」継続のため、後継サービスの検討を進めてまいりましたが、維持費用等諸般を考慮した結果、上記電話転送サービスの終了に合わせて「あおでん」も廃止することといたしました。

市民の皆様におかれましては、電話相談窓口は廃止となりますが、今後も随時相談会を開催する予定ですので、その折はぜひご相談ください。

(なお、岡山県司法書士会が運営する電話及び面談相談は、変わらずございます。)

 

さて、今年は当会が50周年を迎える年です。

現在は新型ウイルスにより大変な時期ですが、50年という節目を迎えますので、これまでを振り返り、心新たにこれからの活動に努められるような年にしたいと思います。

今年度もよろしくお願いいたします!

 

f:id:oka-seishikyo:20200324142058j:plain

f:id:oka-seishikyo:20200324142908j:plain


 

 

 

12月20日(金)成年後見に関する研修会

12月20日(金)に岡山家庭裁判所倉敷支部の現役裁判官である山本陽一氏を講師にお招きして、研修会を開催しました。

f:id:oka-seishikyo:20191231162556j:plain

研修は、まずはじめに講師から成年後見制度の歴史や司法書士成年後見についてのお話をしていただきました。

その後は質疑応答が行われました。成年後見業務はその内容が多岐にわたり、また複雑な場合もあるため業務を行う上で判断に悩むことも多くあります。そのため参加者からはそれぞれが直面した場面で悩んだことについて数多くの質問が寄せられました。講師にはそれらの質問に一つ一つ丁寧に答えていただき、とても有意義な研修となり、あっという間に時間が過ぎていきました。

 

11月9日(土)~11月10日(日)調停・対話促進の技法トレーニング~基礎編

 11月9日、10日の2日間、岡山県司法書士会館にて、『調停・対話促進の技法トレーニング~基礎編』が開催されました。

 調停に興味…というよりも、普段の相談業務の中で、自分が話していることが上手く相手に伝わっているのか迷うことも多く、そのための工夫や方法を少しでも自分の中にフィードバックできたらいいなという思いで参加しました。

 今回岡山で開催されたこともあり、顔なじみのメンバーが多かったためか、アウェイ感は少なく、個人的には割とリラックスした状態でトレーニングを受けることができました。

 トレーニング中の数々のロールプレイは、事前にスタッフから、これはトレーニングなので恥ずかしいという思いを捨てて、役柄になりきって一生懸命に演じて欲しいと指示がありました。とはいえ普段の顔なじみや司法書士会の大先輩を相手に自己の感情を爆発させるのは、どこかやり辛い側面もあり、それでも真剣にやらないとお互いのトレーニングにならない…と意を決して相手に浴びせる言葉の悪さに若干自己嫌悪になるほどで、終わったときには頭も身体もへとへとでした。

 ロールプレイ後、フィードバックの時間が比較的長く設けられており、互いに感想を述べながら、他人の意見に耳を傾けていると、気づかなかったことが多々ありました。一対一の互いの感情のぶつけ合いでは自分の思いなど殆ど伝えられていないこと、調停人が交わることで、また調停人が上手く当事者の思いをくみ上げてくれることでスムーズな解決に導ける可能性が高まること、そしてその技法は普段の相談業務にも十分使える内容でした。

 中でも一番痛感したのは『いかに人の話を聞けていないか』ということでした。

 単に聞くだけなら誰でも普通にできるのですが、それを理解し要約し、相手に安心してもらえるほど『聴く』ということがいかに大変なことなのか、それを自覚できただけでも大きな収穫だったと思います。

 このトレーニングのために全国からここ岡山に集まり、スタッフも受講者もおかやまマラソンに負けないくらい熱い2日間を過ごしたと思います。皆さん大変お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

f:id:oka-seishikyo:20191202153209j:plain

f:id:oka-seishikyo:20191202153453j:plain

f:id:oka-seishikyo:20191202153500j:plain

 

10月22日(火)無料相談会 in 県立図書館

10月22日(火・祝日)、岡山県立図書館2階のサークル活動室にて無料相談会を開催しました。

f:id:oka-seishikyo:20191024164431j:plain

スケジュールは、次のとおりです。

①13:00~13:15 県立図書館からのお知らせ
②13:15~13:45 セミナー「新しい相続法と相続対策」(講師:司法書士 山本佳志)
③14:00~16:30 無料相談会(司法書士・税理士・土地家屋調査士) 

セミナーには18名、相談会には26組と、大変多くのご参加がありました。

相談会は、事前に22件もの予約があり、13時前には相談会を開始(セミナーと同時進行)しました。

この図書館相談会には、いつも多くの方が来てくださいますし、税理士さん、土地家屋調査士さんと合同で困りごとをお聞きすることができる機会ですので、今後もぜひ継続していければと思います。

ご参加くださいました皆様、また相談員としてご協力くださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

f:id:oka-seishikyo:20191024170226j:plain

セミナーの様子

f:id:oka-seishikyo:20191024170351j:plain

相談会会場前

 

10月4日(金)発達障害に関する研修会

去る10月4日に高梁市で子どもの発達支援に取り組まれている特定非営利活動法人color(カラー)の川上路代理事長を講師にお招きし,標記研修会を開催しました。

f:id:oka-seishikyo:20191006233503j:plain

f:id:oka-seishikyo:20191007000204j:plain

研修会は,発達障害の特性について,講師が会場に質問をしながら,理解を深めていく内容で,とても新鮮でした。

f:id:oka-seishikyo:20191006233913j:plain

私たちは後見業務で発達障害の方と関わる機会がありますが,そういった方々の特性に配慮したコミュニケーションの方法を知ることができました。

また,自分自身や家族等周囲の人が発達障害の特徴と一致していると気づき,その対処法を知った方もいらっしゃったのではないかと思います。

f:id:oka-seishikyo:20191006235533j:plain

研修会後の懇親会でも,後見業務で対応に困っていることや,自分自身や周囲のいきづらさについての話が出ていました。川上さんに聞いてもらえて,元気をもらえたのではないかと思います。